トップ画像

ホルモンバランスが大切

男性ホルモンは過剰に分泌してしまうと、抜け毛や育毛の阻害になると有名ですが、女性ホルモンは育毛においてどのような働きを持っているのでしょうか?

一般的に見ても、薄毛は女性よりも男性の方に多く見られ、女性の方は抜け毛で悩むことが少ない傾向にあります。

安易に考えてしまえば、体内の女性ホルモンを増やすようにホルモン注射や女性ホルモンの分泌を促すサプリメントを摂取すれば、効果的に思えてしまいますが、その発想は多くの危険性を含んでいます。

まず、抜け毛と女性ホルモン自体は本来無関係な存在です。
抜け毛が起きてしまうのは、体内のホルモンバランスが崩れてしまった結果、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまい、女性ホルモンの分泌が減少してしまった状態です。

仮に、ホルモン注射などで女性ホルモンを外部的に摂り入れたとしても、根本的な体内のホルモンバランスが整うわけではないので、注意が必要です。

さらに、ホルモン注射や女性ホルモンの分泌を促すサプリメントを摂取した結果、逆に抜け毛が増えたという方も事実存在します。

原因は様々な理由が考えられますが、一時的に外部から女性ホルモンを過剰摂取してしまった結果、体内の女性ホルモンを分泌する働きが弱くなってしまい、さらに男性ホルモンの分泌が異常になってしまった恐れがあります。

大切なのは、自然な状態で体内のホルモンバランスを正常にするのが育毛においても重要です。

安易に外的影響で、ホルモンバランスを整えようとすると副作用や弊害が出る場合が大いにあるので、注意が必要です。